日本のアニメ・漫画が海外で注目される理由

「日本のアニメ・漫画が海外で注目される理由」 img_1199831_35170403_0 キャラクターデザインに結びつく興味深いテーマなので一部紹介

すごくわかりやすく解説されたものを発見したので抜粋

日本のマンガやアニメが海外で人気があるのはなぜでしょうか? 近年、日本のアニメの実写作品が作られたり、コスプレがブームになってたりと 日本の作品が注目されていると思います。日本のマンガ・アニメが注目される理由は何でしょう?

・ひとつの理由として、手塚治虫の存在

日本の漫画やアニメは目線や視点といった構図やカット割りが大胆であったり、 ストーリーも映画のようにスケールが大きかったり、ジャンルも幅が広かったりで 読み手や受け手を選ばないし、既成の概念に囚われていないからじゃないかと思います。 やはり手塚治虫さんの存在は漫画界、アニメ業界どちらにも大きかったと思います。 手塚さん自身が後進の漫画家に、漫画を書くとき漫画そのものを多 く読むよりも映画、文学、 芸術、一級品に多く触れるようにアドバイスしたという姿勢も後々のこの分野の発展に大きな 影響を与えた。 このことが唯単に先人の模倣に終始するのではなくて、 自分の中で素材としていったん吸収して創造していくこと、 昇華させることにより視野や可能性を広げていくことに成功したのだと思います。

・「島国」という大きな理由

一見無関係に思えることや文化を取り入れて 自国の文化に発展させるのが得意だという日本人の下地は、 日本は資源の少ない島国だったということや、 古代から中国や朝鮮半島から文化や技術を学んだり、 他国の良いところは学び取り入れようと努力したことによるところが 大きかったのではないかと思 います。黒船が来た後も日本という国が残ったのは、 同じ理由だと思います。常に日本人の視線は外に向かざるを得なかった。 そのことが可能性を広げた。 アニメや漫画の制作をするにあったって、普段の生活の中からヒントを見つけ、 発展させる柔軟さを持つ人が日本人の中には多いのだと思います。 そして、それを受ける側も柔軟さを持つ人が多い。 だから提供する側、受け手側でより文化として結実させることに成功したのだともいます。

・漫画の元祖浮世絵

また、アニメの発展の下地にはやはり漫画の存在が大きいのだと思いますが、 この漫画の元祖ともいえるのが「浮世絵」ではないかと思います (もっと古くは鳥羽僧正の鳥獣戯画まで辿れそうですが。) 東洲斎写楽、葛飾北斎、安藤広重の存在を忘れてはいけないと思います。 あるじき唯の梱包材まで落ちぶれてしまった浮世絵ですが、 ゴッホやモネたち印象派はその大胆な構図や新鮮な色遣いに心動かされたと言います。 元々人間は常に新鮮な感動を求める生き物なのではないでしょうか。 日本の漫画やアニメが海外で人気があったり、 コスプレが流行ったりするのは既存のものではないものに出会えた感動が そこにはあるからでしょう。

1440_900_20100415121946485907

広告
カテゴリー: Character パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中