世界初 日本の城を使ったプロジェクションマッピング

世界初 日本の城を使ったプロジェクションマッピング
「鶴ヶ城プロジェクトマッピング”はるか”」が開催されました!


700年の歴史を誇る、会津・鶴ヶ城を使ったプロジェクションマッピングイベントが
3月9日、10日に開催された。 
 本プロジェクトは、震災復興支援を目的としており、NHKと会津若松市、
福島県が共催で行なう東北地方初の大型プロジェクションマッピングとなっている。 
日本の城への大型マッピングは、世界ではもちろん、日本でも初めて行なわれる例となる。
城の壁面に投影される映像コンテンツの制作を伊東玄己、
WOOGら が、音楽を坂本龍一が手掛けている。

名称未設定 1

会津若松市のシンボル鶴ヶ城は、数多くの戦国大名が治め、戊辰戦争では、約1か月に及ぶ
激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。
大河ドラマ「八重の桜」においても、幾多の苦難の中でも誠実に力強く生き抜いた福島の人々を
象徴する場所として描かれています。 また、城の周りに広がる公園や石垣や桜が美しい、
市民にも人気の高いスポットとなっています。


4201_001-2222

 

イベントの名称にもなっている「はるか」は、昨年12月24日に「八重の桜」で主役の新島八重を演じている綾瀬はるかさんが命名された桜の名前です。
今はまだ苗木ですが、10年後にはキレイな桜の花を付けます。震災から間もなく2年になる今、未来へ向けたメッセージを、このプロジェクションマッピングで発信。

Information
鶴ヶ城プロジェクションマッピング「さくら」
日時:2013年3月9日(土)10日(日)
時間:18:00~ / 18:40~ / 19:20~
会場:鶴ヶ城(福島県会津若松市追手町1-1)
映像ディレクション/編集/アニメーション: 伊東玄己 (JKD Collective)
アートディレクター:WOOG (JKD Collective)
デザイナー : 小久保大輔
アニメーター: 高橋正教、丹羽直樹、福田将士、斎藤峻
総合演出:森内大輔(劇的 / NHKエンタープライズ)
エグゼクティブプロデューサー : 菅山明美 (NHKエンタープライズ)
プロデューサー : ブルース池田、諏澤大助
プロダクションマネージャー : 東海広宜
映像制作:NHKエンタープライズ / JKD Collective / P.I.C.S.

 

だんだん浸透してきているプロジェクションマッピング、クオリティはどんどん上がってきそうです!

HP▼
http://www.fukushimasakura.jp/tsurugajo/

動画はコチラから▼
http://www.youtube.com/watch?v=lWPIM1s_a0c

広告
カテゴリー: Project パーマリンク